包茎手術の病院選び

メインイメージ

包茎は不衛生になりがち


包茎のイメージとして、汚いだとか臭いだとか不衛生だとかいうことがあるようです。
しかし、本当にそうなのでしょうか。
実際には包茎=不衛生というわけではありません。
確かに包茎は不衛生になりがちです。これは豊肥が亀頭を覆っているのでその内側に汚れがたまりやすいからです。
この汚れが蓄積することによって不潔になり、臭いや病気のもとになります。
包茎は汚れがたまりやすいから、包茎=不衛生と考えられているようです。
しかし、包茎でなくても汚れは発生するということも知っておきましょう。
包茎の人はその汚れを念入りに落とす必要があります。
包茎でなければ入浴時に自然に落ちる部分が多いです。
しかし包茎の人は木にして洗わないと汚れが残ってしまいます。
仮性包茎であれば簡単に洗うことができるでしょう。
あまり強く洗う必要はありませんが外部の刺激に慣れさせることによって早漏が改善されることもあるかもしれません。
真性包茎などの洗うことができない場合には早急に治療が必要です。
包皮口が狭い場合には何とか洗えるかもしれませんが、それでも奥まで洗うことは難しいでしょう。
癒着している場合には洗うこともできません。
こういった場合には炎症を起こしてしまう可能性が高いので、治療をしましょう。
真性包茎の場合には保険を利用することができます。
3万円程度で治療が受けられるので積極的に利用して治療しましょう。

包茎と早漏は関係ないという見方


世間では包茎は早漏だと思われているようです。
しかし実際には医学的に解明されていない部分です。一概に包茎だから早漏だとはいえません。
包茎が早漏だといわれる理由は亀頭が外部の刺激に弱いと考えられているからでしょう。
たしかに普段は包皮につつまれているので外部の刺激に弱いかもしれません。
たしかにこの主張は一理ありますし説得力があります。
では包茎治療をすれば早漏は治るのでしょうか。上記の主張であれば外部の刺激に慣れることで早漏が治りそうです。
しかし医学的には包茎と早漏は関係ないという見方もありますし、包茎治療によって早漏まで改善されるということは言い切れません。
包皮には感覚を感じる部分があります。
包茎手術によってその部分を切り取ることで感覚が鈍くなってしまうこともあるようです。
これによって早漏が治療されていると考えることもできるでしょう。
しかし単純に感覚が鈍くなったことによって、快感を感じにくくなってしまい、性行為時に女性に負担をかけることになるかもしれません。そういった面ではデメリットにもなるでしょう。
実際には包茎には心理的な部分が大きく関係していると言われています。
この主張によれは外部の刺激に慣れているかいないかは関係無さそうです。
では包茎治療とは関係ないかというとそうでもありません。包茎治療を行うことによってコンプレックスから解消されることもあるでしょう。そして自分に自信がつくことによって早漏が改善されることもあります。

Copyright© 2013 包茎手術の病院選び All Rights Reserved.